求める人物像

フレックスからのメッセージ

株式会社フレックスのメイン事業は空調設備工事なので、人の手が価値を生み出す会社と言って良いでしょう。つまり、プロの知識と技術を持った社員こそがフレックスにとって最大かつ唯一の商品だということです。社員あっての会社なので、フレックスは人を大切にする会社として長年やってきた歴史があります。
すでに経験豊富な人が入社することもありますが、未経験またはそれに近い状態で入社する人の方がもちろん多いので、そんな人にいかに技術を身につけてもらって仕事を自分のものにしてもらうか、それは会社の役目です。

代表だけでなく先輩社員が一丸となってしっかりと人を育てることで会社が成長し、自分たちの仕事も楽になるので、フレックスは人を育てることに真剣です。
そのおかげもあって、社員の中には長く勤めている人が多く、モチベーションも高い人が多いように感じます。会社からの投げかけに社員が応えてくれて、そこから新しい企業価値が生まれるという好循環があるようにも感じます。
ホームページには「先輩スタッフの声」というページがあるので、そこで社員が色々と話してくれています。どんな会社なのかは社員の話の方が正確だと思いますので、そちらもぜひご覧ください。

代表という立場から思うことは、設備工事の会社でありながらいわゆる「オラオラ系」という感じの人がいません。元気さや前向きさがあればすぐに会社の輪に入ることができますし、仕事以外でも楽しくワイワイやっているようです。
この業界は、実績や人脈があれば独立することも可能です。実際にうちの会社から独立した人もいますが、会社としてはそれくらいの野心を持って取り組んでくれたらと思っています。仕事をする以上、夢がないと楽しくないですからね。
この業界の中では比較的休日が多く、働きやすいというのは社員の声です。働く時はしっかり頑張って、休む時はしっかり休む。フレックスはそれが浸透している会社なので、長く勤めてくれている社員が多いのかも知れません。

求める人物像

空調設備工事の仕事というと、黙々とエアコンを取り付ける仕事のように感じるかも知れませんが、お客様や工事先の人たちなど、人との関わりが意外に多い仕事です。そのためコミュニケーション能力に長けている人…というと大げさですが、人と接することが好きな人はこの仕事に向いていると思います。仕事を続けていく上でどんどん「引き出し」が増えていくので、その中からお客様の立場になって提案ができるようになってくると、結果が出るようになるので仕事が面白くなってきます。そこに面白さを感じるような方は、フレックスで成功できる人だと言えます。

この業界や業務に対する知識がある程度あった方が即戦力になるとは思いますが、それが無いからといって不利になるわけではありません。入社してから覚えていけば、知識は後からどんどん付いていくものです。
もうひとつ、ビジネス感覚もこの仕事に必要な適性です。お金のことにシビアになれる、コスト意識を持ってお客様とお話ができる人は、社内外から大いに信頼される人になると思います。